メン75トピックス−ハートをゆさぶるGメン75−
              
”Gメン−それは特別潜入捜査員のことである。
                        彼らはいつも死と背中合わせに、犯罪に立ち向か
                        っていく・・・・。”
                            −中一時代(77年12月号)より−
                          
                 
-->


 7575    


見開き4ページの豪華な特集!
▲海外へロケーションを行うことも多い。▲アクション場面もこの番組の大きな魅力だ。・・・・と紹介されている。


☆「南シナ海の殺し屋」「マカオの殺し屋」そして、「黒人兵カービン銃乱射事件」撮影時の合間の談笑
シーンが収められている。
(参照:最下の写真)
新メンバー・立花警部補らが加わった当時の『Gメン75』の人気の高さがうかがえる。

私は当時、高2だったがクラスでは”Gメン75派”、”太陽にほえろ!”派・・・と派閥すら存在した。
その他の刑事ドラマでは”夜明けの刑事”も人気があった。
当時は毎日どこかのチャンネルで刑事ドラマが放映されており、視聴率の取れる”ジャンル”として
確固たる地位を築いていた。
『Gメン75』はメンバーに”日本的な刑事”という雰囲気を持たせず、上記写真のように、あくまで
都会的で、華麗な雰囲気を視聴者に与えた数少ないドラマであった。

当時の少年少女たちは、まずこの雰囲気から引き込まれていったのではいだろうか。
下記記事にも記載されているが、”人情や感傷にしばられないドライな感覚”は大人の世界を
覗ける貴重なドラマでもあった。

第二次世界大戦中の悲劇、沖縄問題、ロッキード疑獄事件、米軍と日本、混乱のベトナム戦後・・
さまざまな歴史や社会問題、そして人間の深層心理を浮き彫りにした作風、世の中の不条理を
感じずにはいられない描写・・・。
単なるアクションドラマにしなかった制作スタンスは当時の中学生の感性をも高ぶらせたに違いない。

以下記事は【中一時代】特集より転載。
28年前の中学生時代にタイムスリップして胸をときめかせてみよう!

★血と涙がピストルにぬれて・・・
麻薬、殺人など、現代の社会が生み出す犯罪や、国際的な犯罪に立ち向かう七人の秘密警察官たちの活躍
を描いた「Gメン75」が人気沸騰中。
スリルとサスペンスにあふれ、ちっぽけな人情や感傷にしばられないドライな感覚がヤングの間で大受け。
黒木警視(丹波哲郎)を中心とした個性的な七人のGメンの魅力をさぐりながら、この番組が長い間人気を
得ている秘密をのぞいてみよう。


★Gメン その7人の素顔
悪に立ち向かうことでは同じだが、それぞれ個性をもった7人のGメンたち。その魅力をちょっぴり紹介しよう。
黒木警視(丹波哲郎)
Gメンの中心人物。つねに落ちついて的確な命令を部下にくだす。

立花警部補(若林豪)

ひとたび事件が発生すると「俺が、俺が・・・」と積極的に立ち上がり、部下を引っ張っていく。
グッと渋く、おまけにダンディーな働き盛りの刑事だ。

速水刑事(森マリア)

ただ一人の女Gメン。スタイルもファッション感覚もバツグン。そのうえ、外国語もペラペラのカッコイイ女刑事だ。

草野刑事(倉田保昭)

空手・柔道なんでもござれのアクション刑事。口より先に行動し、弱い者をいじめる悪人どもをゆるさない。

山田刑事(藤木悠)
カッコよさでは一歩ゆずるが、じっくりと事件に取り組む。「グループの和」を大切にする人間味あふれる好人物。

中屋刑事(伊吹剛)

スポーツマン・タイプの若手刑事。失敗を恐れぬ、健康でタフで、フレッシュな刑事だ。

小田切警視(夏木陽介)

立花警部補とは対照的に、もの静かなタイプ。黒木警視のよき相談役で、クールに事件を解決していく。





                                           ☆戻る

                                           ☆TOPへ戻る