テレビジョンドラマ 
特集 キイハンターからスーパーポリス
          土曜の夜はTBSアクションドラマ
目次:
巻頭カラーグラビア
名場面:
 キイハンター
 アイフル大作戦
 バーディ大作戦
 Gメン75
 Gメン82
 スーパーポリス
プロダクション探訪G
日本の作曲家シリーズC
 −菊池俊輔−
放送用語ミニ辞典
AVジャーナル
全国テレビドラマ放映一覧
読者のひろば
1〜3月放映番組一覧
 


テレビジョンドラマ8月号
編集発行人・齊藤耕路
発     行・有限会社放送映画出版
第四巻第四号(通巻16号)
昭和61年8月1日発行(季刊四回一日発行)
定  価・680円 16563−8


☆テレビドラマを個別に特集する季刊雑誌で、当初から「Gメン75」「キイハンター」などのシリーズが特集される
予定はあった。
この特集号は85年に一度企画されるも「スーパーポリス」の放送打ちきりの余波を受け、やむなく延期された
という苦い経緯があった。
新番組とのタイアップ効果による関係各方面からの協力等、さまざまな事情が推測できるが、ファンとしては
企画の延期は残念な結果でもあり、早期発行を願う声は多かった。
そして様々な調整が試みられ、約一年後、ファンの熱い願いに応えていただいた結果となった。
当初、「キイハンターからスーパーポリス」特集と「Gメン75シリーズ」単独特集の2本立てという案もあったそう
だが、諸事情により一本立てで発行されるに至った。
左記目次からは、近藤照男氏のドラマに関する部分のみをピックアップして解説したい。

巻頭カラーグラビア
 
キイハンター第一回(モノクロ)・オープニング、エンディング
 キイハンター(カラー)・オープニング・・・ユミちゃんの表情第2バージョン
 バーディ大作戦第2シリーズ・メンバー番宣写真
 アイフル大作戦第一回・オープニング、エンディング
 バーディ大作戦第一回・オープニング、エンディング
 Gメン75・「ヨーロッパ特急大爆破」デンマーク:アマリエンボー宮殿での番宣写真
 Gメン75第一回・オープニング、エンディング
 Gメン75・「サヨナラGメン75また逢う日まで」フランス:オンフルールでの番宣写真
 Gメン82・オープニング
 スーパーポリス・番宣写真
 スーパーポリス・第一回オープニング、エンディング

 ★★★
特にモノクロ編・キイハンターのオープニング、エンディングはリアルタイム以来の再会でもあり、懐かしく
映像の存在を知るにつけ、再放送を強く願うきっかけにもなった。
一連のシリーズがビジュアルに思い出されるように構成されていた。

キイハンター
番組の制作意図とオリジナルプロットを当時の推理作家に依頼したという当初の贅沢な制作手法の紹介、
そしてレギュラー陣の個性溢れるキャラクター紹介などを掲載。
番組の節目にあたる作品の詳細な紹介も興味深い。
(No.1「裏切りのブルース」、No.60「パラシュート殺人部隊」、No.262「また逢う日までキイハンター」)
最後に、主なスタッフ、キャスト、主題歌、サブタイトル集及びゲスト一覧が掲載されていた。

アイフル大作戦
番組企画の背景、レギュラーのキャラクター設定の紹介、サブタイトル集及びゲスト一覧など。
作品紹介は第一話と最終話。番宣写真もふんだんに紹介されていた。

バーディ大作戦
アイフル同様、番組企画の背景やキャラクター紹介、サブタイトル集などが番宣写真を交えて掲載されて
いた。作品紹介は第一話と最終話。ドラゴンなど新メンバー加入編のあらすじはキャラクター設定を含め
紹介されていなかったのが残念である。

Gメン75
興味深いのが、「Gメン75」というタイトルが決定されるまでの仮題の紹介である。
「ザ・ハードボイルド」、「スナップ・ノーズ」など紆余曲折があった経緯が書かれた番組設定の背景や
キイハンター以上のスケールを狙ったことに触れた記事であった。
こちらも他の作品同様、キャラクター解説、サブタイトル集など番組の魅力を余す所無く紹介しようという
編集部の姿勢が嬉しい構成であった。
また、主題歌、挿入歌のEPレコードジャケットを集めたディスコグラフィーも楽しめた。
作品紹介は、第一話、最終話、Gメン75スペシャル「サヨナラGメン75また逢う日まで」の三作品であった。

Gメン82
番組解説欄では、75を基にした設定に心優しき人間味をプラスしたという基本設定の紹介がなされて
いた。また当初予定の放送回数26回を待たずに打ちきられた経緯や、放送時間帯が土曜夜9時で
あったら・・というファンの願いを代弁した考察もされていた。
早坂警部補を含めた新メンバーの紹介、そしてサブタイトル集などが豊富な番宣写真とともに記録
されていた。
作品紹介は、第一話、最終話。

スーパーポリス
過去の作品の集大成ともいえる番組の特色や、従来の作品とは異なった部分の紹介とともに短命に
終わった理由の考察がなされた解説が掲載されていた。
同様に各レギュラー陣のキャラクター紹介、第一話及び最終話のストーリー紹介があった。

日本の作曲家シリーズC菊池俊輔
キイハンターからGメン75末期までのシリーズを手がけたテレビドラマ音楽の巨匠・菊池俊輔氏への
インタビューであった。作曲家になろうとされたきっかけ、初仕事の時の回想、キイハンターの曲を作曲
された時のエピソードなど、ファンにとって興味深い内容が目白押しであった。

全国テレビドラマ放映一覧
当時の新番組紹介や各地の再放送ドラマの紹介が毎号掲載されていた。
ちなみに当時の地上波再放送では・・・
福井テレビ・・・スーパーポリス
CBCテレビ・・・Gメン82、Gメン75
熊本テレビ・・・スーパーポリス

近藤照男氏以外の作品では・・・
札幌テレビ・・・太陽にほえろ!
東日本放送・・・特捜最前線
秋田放送・・・大都会PARTII
新潟テレビ・・・西部警察
北日本放送・・・新ハングマン
北陸放送・・・西部警察PARTII
福井テレビ・・・大空港、特捜最前線
テレビ朝日・・・西部警察PARTII
静岡第一テレビ・・・非情のライセンス
名古屋テレビ・・・特捜最前線
朝日放送・・・特捜最前線

・・・・など。

読者のひろば
この企画なくして、テレビジョンドラマは語れません。インターネット無き時代のドラマファン交流の場。
読者の様々なお気に入りドラマに関する情報交換、イラスト、サークル紹介など盛だくさんの内容
でした。私もよくお世話になりました。当時お付き合いいただきました皆様に感謝しております。



                                           ☆戻る

                                           ☆TOPへ戻る