pep novels Gメン75 PartII
目次:
まえがき
Gメンスタッフ紹介
安楽死
香港−マカオ・警官ギャング
新メンバー3人加入
ヌードモデル殺人事件
Gメン対県警・女子大生殺し
極秘捜査・赤ちゃん誘拐
 


構  成・深作欣二、佐藤純弥
発行所・株式会社ぶっくまん
発売元・株式会社ペップ出版
昭和53年3月24日第一刷発行(カバー表紙では4月15日)
定  価・680円 0093−00117−7629


☆Gメン75小説化の第2弾。
78ハードアクションシリーズ「警官だけを殺せ!」の後、視聴者向けにプレゼント告知がなされた書籍である。
第1弾同様各作品のシナリオを元に小説化したと思われる。
ドラマの名場面写真が随所に添えられている構成も同じであった。
裏表紙は写真こそ立花警部補、中屋刑事、速水涼子刑事が加入した横並び写真であったが、<Gメン組織>
の解説は第1弾と同様の紹介文であった。

−「Gメン」とは「GOVERNMENT MEN」の略称であり、1975年に特設されたため、通称”Gメン75”と
 呼ばれるに至った。それは”警察の中の警察”という秘密の任務をもつ”特別潜入捜査班”であり、警視庁と
 並ぶ新庁舎の中に近代的な設備を完備した本部を持っていた。”何処にも属さず、縛られず”あらゆる
 兇悪犯罪に臨機応変に立ち向かうために組織された、警視庁捜査一課黒木警視以下7人の選り抜きの
 刑事達である。−


この第2弾を持って「Gメン75」ノベルズは完結。続刊の出版は「Gメン82」を含めて成されることはなかった。

まえがき
関屋警部補の凶弾に倒れるシーン、津坂刑事の崩れ落ちるシーンがコマ送り風の写真で掲載されて
あった。そして法廷で証言する響刑事の勇姿。
78年2月25日、第70代警視総監の退任を黒木警視、小田切警視が見送り、Gメンの今までの過去を
振り返る・・という構成だった。その中で、関屋警部補の殉職、6人体制での再スタート、そして
津坂刑事の殉職を回想するという本編ではありえなかったエピソードがファンにとってはこたえられなかった。
そして本編とは異なる<響圭子刑事の降板理由>へ・・・。

本編では麻薬密輸組織のアメリカ人神父を追って、インターポール(国際刑事警察機構)本部捜査官
として渡米。Gメンを去るという設定だったのに対し、ノベルズでは、<結婚して警察を去る>という
藤田美保子(現・藤田三保子)さんのプライベートと重ね合わせたような設定だったことが興味深い。

そして警察を退職する引金となった事件の回想。それは何とNo.99「安楽死」!
この事件はGメン全員、全日本人、全世界の人々に”殺人とは何か?”という問題を提起し、
この事件捜査がなければ結婚しても<Gメン>の一員だったかもしれない・・・と両警視が思いを巡らせて
いたエピソードだったのだ。
警察官として、人間として、その狭間に置かれた<響圭子>が苦悩した末に選んだ道が<警察官退職>。
「警視庁の中の密室殺人」で見せた捜査手法への疑問、仲間とのぶつかりあいを見直してみると
こんな幕引きも充分考えられるのでは・・・と思えた。

企画段階では響刑事の最終作品として「安楽死」とリンクした案があったと思われる。
しかし本編では最終的にこの案は見送られた。
降板理由としては重すぎた結果であろうか。映像化しにくい面もあったであろう。
<警官・響圭子>より<人間・響圭子>を選び、人間としての幸せによる<希望>を幕引きとするよりも
国際的センスあふれる設定で登場し、女性警察官としての地位を確立させた<警官・響圭子>としての
<希望>を幕引きとしたほうがふさわしい、という制作側の最終判断の結果だったに相違ない。


Gメンスタッフ紹介
第一弾同様、黒木警視、関屋警部補以下初期の7人レギュラーの紹介であった。紹介文は第一弾と同じ。
左側に各員の写真、右上に各々の名場面が掲載されてあった。掲載元の作品は以下の通り。
 黒木警視・・・・・・「覗かれた女の部屋」
 響圭子刑事・・・・「女の留置場」
 関屋警部補・・・・「殺し屋刑事」
 草野刑事・・・・・・「女刑事殺人第一課」
 津坂刑事・・・・・・「エアポート捜査線」
 山田刑事・・・・・・「師走−スリも走る刑事も走る」
 小田切警視・・・・「野球場ナイター殺人事件」

安楽死
若干のドラマ展開に本編との相違点があるが、基本的には同じ。本編ではクライマックスを先に見せる手法
であった。どちらも息詰まる法廷シーンを中心に、安楽死に対する問題の深さが伝わってくる展開である。
ノベルズでは村上検事と名刺交換する黒木警視のシーンで、黒木は凶悪犯向き、小田切警視は知能犯向き
という点に改めて触れている部分があった。ラストは響圭子刑事の事件への想いで締めくくられていた。

香港−マカオ・警官ギャング
冒頭は、本編とは異なり、ヒキ逃げ現場の検証シーンで幕開けとなっていた。
また香港のシーンでは、汪洪全の豪華な宝石店での張りこみシーンも掲載されてある。このシーンは
本編にはなかったが、特報予告ではワンカット用意されていた。
シナリオに基づき撮影されたと想像できるが、諸事情でカットされたものと思われる。
クライマックスでは、桐子、折口が狙撃されるが、そのあとの追跡シーン、汪洪全の屋敷での対決シーン
などには触れられておらず、香港警察が逮捕し、立花の妻・秋子、長男・明への哀しみの気持ちを前面に
押し出した部分が強調されていた。
そして桐子の遺骨を抱く立花。折口の遺骨を抱く中屋。小田切、草野、涼子が二人を啓徳空港で見送るラスト
で締めくくられている。
このあと、Gメン本部の指令で新たな捜査を香港で開始し、その事件を解決した涼子が小田切の推薦で
Gメンへ加入した・・・と記されてあった。

新メンバー3人加入
速水涼子刑事、立花警部補、中屋刑事の紹介文と写真が掲載されていた。
速水・・・外事課所属、トップモードに堪能な語学・・など設定上のキャラクター紹介。
立花・・・捜査一課所属凶悪犯担当、177cm、70キロ、37歳等。一見冷静そのものの男だが捜査での迫力は
     凄まじい、、と紹介。 
中屋・・・捜査一課所属、175cm、73キロ、柔道三段、学生時代からのバンカラ、フラメンコギターの達人
     であると紹介。

ヌードモデル殺人事件
獄死した父を持つ郁子の犯行に至るまでの経緯、動機の告白が立花警部補宛ての手紙によって告白される
という結末で締めくくられていた。涼子と立花とのぶつかりあいは本編と同様であるが、立花の雨の中の謝罪
シーンや捜査上の敗北感はシナリオからかなり手を加えられて出来あがった名シーンであったことが想像
できる。本編とノベルズではテーマこそ同じであるが、ドラマ展開の上で異なる点が多々見られる。
本編が制作されるまでの過程を楽しむのも良し。本編とは異なる作品と捕えて楽しむのも良し・・である。

Gメン対県警・女子大生殺し
官庁特有ともいえる縄張り意識が捜査に与える影響を鋭くえぐった硬派なテーマ。
ノベルズと本編との大きな相違点はないが、踏切での幕引きのあと、ノベルズでは津軽半島に飛んだ
立花警部補のエピソードが付け加えられていた。文面から推察すると、追加されたエピソードは、立花の心情
をより判りやすく表現する為のノベルズ独自のものではないかと思われる。


極秘捜査・赤ちゃん誘拐
実際のタイトルは「赤ちゃん誘拐」のあとに「!」が付け加えられた。ノベルズのタイトルは仮題と思われる。
本編では、平戸の天主堂付近で張り込みをする立花、中屋、涼子のシーンから始まっているが、ノベルズでは
所轄署の外勤巡査だった涼子が、応援の刑事とともに杉本鉄次を逮捕するシーンからであった。
シナリオを元にノベルズ版が制作されたのであろうか。構成は本編とは異なっていた。
大きな相違点はラスト・シーン。涼子らに追い詰められ、母親の手から娘を奪い城の天守閣へ逃げたあと
娘を抱きしめたまま泣き崩れる本田美代の横顔でEND。
このシーンが、ノベルズでは、追い詰められた美代が母親と娘の前で海に身を投げるというラストであった。
信者の守秘義務を貫こうとする神父を説得する大きな山場。ノベルズも本編も力を入れた展開となっているが
セリフの言いまわしは、本編の方が難攻不落な神父を落とすには説得力があった。
また、ノベルズでも地下取調室のシーンで、本編同様、黒木警視の杉本鉄次に対する直情的な取調べ
シーンが描かれてあった。久々のバーディ・タッチ、丹波アクションであった。
残酷なほど因果な運命に踊らされる人間模様を本編もノベルズも心理を鋭くえぐる様に描いていた。

                                           ☆戻る

                                           ☆TOPへ戻る