pep novels Gメン75
目次:
まえがき
エアポート捜査線
Gメン75誕生
Gメン皆殺しの予告
死刑結婚式
追跡と逃亡!石狩挽歌
豚箱の中の刑事
女刑事を襲った男
 


構  成・深作欣二、佐藤純弥
発  行・株式会社ぶっくまん
発売元・株式会社ペップ出版
昭和51年6月10日第一刷発行
定  価・680円 0293−00112−7629


☆Gメン75小説化の第一弾であった。
沖縄シリーズ三部作の予告編の後、視聴者向けにプレゼント告知がなされた書籍である。
各作品のシナリオを元に小説化したと思われる。ドラマの名場面写真が随所に添えられ、作品の雰囲気が
具体的に蘇ってくるような構成になっているのが嬉しい。
また、本編とは若干異なる部分もあり、準備稿段階の企画が垣間見えるような作品もあった。
目次に掲載されてはいないが、「追跡と逃亡!石狩挽歌」と「豚箱の中の刑事」の間に「関屋警部補・殉職」
と称して、No.33「1月3日 関屋警部補・殉職」の内容が短くまとめられている。
また左記目次にある「Gメン75誕生」とは、No.2「散歩する囚人護送車」のダイジェスト版である。
尚、PartIIが78年に出版されたとき、第二刷が同時に登場した。しかし上のようなカバーではなく、津坂刑事
の殉職シーンから取った写真を右上に、左横にGメン75のロゴ。その下に関屋らの初期メンバー横並び
カット(胸から上)が添えられたものに変更された。


まえがき
Gメン75設立理由の記載のあと、黒木警視をはじめ7人のレギュラー陣の人物紹介が写真入で掲載されて
あった。本編では割愛されていたGメン75設立の背景が覗える点が興味深い。
番組では描ききれなかった部分の補足的役割を担ったと思われる。
本編を見る前に一読したい内容であった。詳細は当サイトの<Gメン75シリーズの歩み−番組概要記録集−>
で要約させていただいた。
−”Gメン75” 同僚にも自分の身分を明かせない−という表記から、警視庁が特設した秘密捜査機関という
色が強く打ち出された当初の設定が覗える。

エアポート捜査線
本編では麻薬密輸事件であったが、ノベルズではルガー拳銃密輸事件であった。
山田刑事が草野刑事に「おっさん!」と呼ばれ続ける本編だが、ここでは「おっさんはやめてくれよ」と言われれば
素直に?「山田さん」と言い直す草野刑事のいじらしい姿が描かれていた。
税関職員に化けた山田刑事や洋館での銃撃シーン、朝倉と相撃ちになる関屋警部補、事件解決後、一同に
会し警視庁の特設プロジェクトの通達を述べる黒木警視など本編とは異なる部分の紹介がなされていた。

Gメン75誕生
添えられていた写真は、第一話「エアポート捜査線」ラスト撮影時に撮られたものと思われる。
第一話本編と同じ服装で道路を横並びに歩くレギュラー陣の姿が紹介されてある。
小田切警視が不在なのは、特別捜査会議で出張中とのことであった。本編では特に触れられてない設定であった。

Gメン皆殺しの予告
登場人物の役名が本編とは異なるが大筋は同じであった。
ラストはノベルズならではの描写で締めくくられていた。犯人の運命を自分に置き換え思い描く響刑事のシーンは
本編では描かれていなかった。

死刑結婚式
本編では、関屋警部補欠場であったが、ノベルズでは関屋警部補の登場シーンがあった。
多分関屋が欠場する前に企画された作品であったか、あるいは関屋の早期復帰が予定されていた作品であった
かもしれない。

追跡と逃亡!石狩挽歌
荒れ狂う海に船を出した少女の親。助けたいと願う少女の気持ちを描写したラストの本編。
ノベルズでは、少女の病を口実に一獲千金を夢見た親との決別を決意する少女の気持ちが描写されていた。
また、関屋警部補が欠場した理由の記載があったことも興味深い。
小田切警視の指揮で、麻薬組織水際撃滅作戦遂行のためサンフランシスコへ飛んだということである。
本編では一切語られてはいなかった。
そして事件解決のあと、「関屋警部補・殉職」へとそのまま繋がって行く構成であった。

豚箱の中の刑事
北海道網走刑務所周辺でのロケが予定されていたのであろうか、本編には無い北海道が舞台のシーンが
いくつか登場した。
予定通り、吹雪の北海道でのラストであれば、刑期を終えて出獄した男へのやりきれない女の怒りが
吹きすさぶように迫って来たであろう。そんな幕引きが印象的であった。

女刑事を襲った男
黒木警視を除く小田切警視以下全員が登場する陸橋での結末の本編。ノベルズでは黒木警視も含めた全員が
多摩川の川原で幕を引くというものであった。


                                           ☆戻る

                                           ☆TOPへ戻る