アンケート(1)集計結果

DVD、ビデオ化してほしいシリーズ編
スパイキャッチャーJ3・キイハンター・アイフル・バーディ・Gメン75・Gメン82・スーパーポリス

■アンケート期間:2002.2.1〜3.10           ■有効回答:694件

 
 ご回答頂きました皆様、ありがとうございました。
 DVD、ビデオ制作スタッフの皆様、私達ファンの気持ちを形にしていただける
 ける日を心待ちにしています・・・。
 全話商品化が困難であれば、せひともファンの気持ちを汲んだラインナップを
 期待しています。多くの名作を多くの皆様といつまでも楽しめますように!
                                 (管理人:KAJITA巡査)

 
 
順位 項目 得票数 割合
1 Gメン75(立花、中屋、速水編) 81 11.7%
2 Gメン75(レギュラー登場編) 64 9.2%
3 Gメン75(吹雪編) 62 8.9%
4 Gメン75&82(香港カラテシリーズ) 61 8.8%
5 Gメン75(海外ロケシリーズ) 53 7.6%
6 Gメン75(レギュラー降板編) 50 7.2%
7 Gメン82 46 6.6%
7 キイハンター(モノクロ編) 46 6.6%
9 キイハンター(カラー編) 44 6.3%
9 Gメン75(関屋編) 44 6.3%
11 アイフル大作戦 23 3.3%
11 Gメン75(6人体制編) 23 3.3%
13 バーディ大作戦(典介、ココ編) 21 3.0%
14 Gメン75(黒谷町シリーズ編) 11 1.6%
15 バーディ大作戦(ドラゴン、ミッチー、吾郎編) 10 1.4%
16 Gメン75(津川、村井、田口編) 9 1.3%
17 Gメン75(南雲、島谷編) 7 1.0%
17 Gメン75(ハードアクションシリーズ) 7 1.0%
19 Gメン75(スカイアクションシリーズ) 6 0.9%
20 Gメン75スペシャル サヨナラGメン75また逢う日まで 5 0.7%
21 Gメン75(その他の特別企画編) 4 0.6%
22 スーパーポリス 3 0.4%
23 Gメン75(草鹿、賀川、マリコ、津村編) 2 0.3%
23 Gメン75(古田、風間編) 2 0.3%
23 Gメン93春 第一級殺人の女 2 0.3%
23 変装の達人!!警部・鬼沢平吉のファイルE 2 0.3%
23 Gメン75スペシャル 帰って来た若き獅子たち 2 0.3%
23 Gメン75スペシャル 東京・北海道トリック殺人事件 2 0.3%
29 スパイキャッチャーJ3 1 0.1%
29 五つの顔の変装刑事 右京警部補ファイルE 1 0.1%
 

 
■総評■
 
・丹波哲郎氏を中心とした番組の中では「Gメン75」の人気が最も高い。続編の「Gメン82」
  、そして「キイハンター」(モノクロ)、(カラー)、「アイフル大作戦」、「バーディ大作戦」
  (初期)、(後期)・・と続く。

 
■BEST10のシリーズ解説■
 
@Gメン75(立花、中屋、速水編)
  
「Gメン75」ではNo.105〜204の立花警部補加入シリーズが最も安定した人気がある。
  都会的なハードボイルドタッチが定着したシリーズで高水準な作品群に恵まれている。
  倉田保昭氏のカラテアクションや大掛かりな海外ロケ企画など充実したシリーズ。

 AGメン75(レギュラー登場編)
  Gメン75ではメンバーの入れ替わりが頻繁に行なわれたが、登場の仕方が実に
  スリリングかつ劇的だった。常に新鮮さを吹き込もうとしたテンポの良い快作群。

 B
Gメン75(吹雪編)
  Gメン75No.253〜306の吹雪杏子刑事加入シリーズの人気も高い。
  女性警察官の活躍はGメンの特色であるが、可憐さ、強さを兼ね備えた吹雪刑事の
  人気は今も衰える事はない。アクション、スリラー、サスペンス・・とさまざまな企画にも
  恵まれたシリーズ。

 C
Gメン75&82(香港カラテシリーズ)
  Gメン75ならではの本格的カンフーアクション「香港カラテ」編は刑事ドラマの域を越えた
  企画で比類なき名シリーズである。何と言っても本場のアクションスターの出演、
  史実を絡めたドラマ展開など見せるアクションのみならず内容の水準も高い。劇場映画
  なみの迫力は今だ多くのファンを魅了してやまないシリーズ。

 D
Gメン75(海外ロケシリーズ)
  世界を股にかけた壮大なスケールはGメン75の魅力のひとつ。他の捜査ものの海外
  編以上に現地の空気、現地ならではのストーリーに注力した特別企画。
  基本的に一話完結は避け、連続作品として登場。予告編の<特報>の文字に胸踊ら
  せながら放送を待ち望んだファンが多かった。
  海外ロケ編が本放送当時好評だったことから最終回スペシャルは欧州編となった逸話
  さえある。

 E
Gメン75(レギュラー降板編)
  数名のレギュラーは降板編が製作されなかったが、関屋、津坂などハードな殉職、
  辞職、栄転など哀愁を感じつつ別れを告げる名シーンなど評価が高いものが多い。

 F
Gメン82
  Gメン75終了後、満を持して登場した新シリーズ。短いながらも75シリーズを踏襲した
  作風は放送当時「西部警察」の派手さに破れたものの、作品としての評価は高い。

 F
キイハンター(モノクロ編)
  「Gメン82」と同位である「キイハンター」(モノクロ編)。初期の本格ハードボイルド、
  外国映画を意識した独特なムード、再放送に恵まれない環境を反映してか、ファンの
  視聴意欲が高い作品。国産初のハードボイルドタッチ捜査モノの古典。

 H
キイハンター(カラー編)
  「キイハンター」(カラー編)は様々なジャンルの企画が目白押しの異色作品。
  千葉真一氏などの華麗なアクション、スリラー、サスペンス、ファンタジー・・・と映画の
  ジャンルの集大成。「Gメン75」など以降の作品群の元となったシリーズで、当時の世相
  を反映した作風、次回への期待感高まる様々な素材など今も評価が高い娯楽大作。
  
 H
Gメン75(関屋編)
  Gメン75のイメージを定着させた関屋警部補が活躍した初期のシリーズ。
  ロングヘアにナウなファッションの若手エリート警部補だが、持ち前のバイタリティで
  己の信ずる道を突き進み、部下をぐいぐい引っ張って行く姿は新鮮だった。
  女性警察官にもスポットを当てた刑事ドラマの火付け役となった響圭子刑事の活躍も
  忘れられない評価の高いシリーズ。

                                   


                                        ★TOPへ戻る

                                        ★戻る